現在、多くの企業がネットにて本業以外の仕事をこないして収入を得ることについて積極性を見せています。
例えば、大手自動車会社のトヨタの他新生銀行など様々な職種がネット副業にて副業を得ることについて積極性を見出しています。

何故副業を企業が認めるようになったのかについてですが、実は、終身雇用を維持することが出来なくなりつつある今、利点があるのがこのネット副業であるということです。

まずネットで副業を認めた場合、企業側の利点から言いますと社員がスキルアップすることが望める点、ネットを介して依頼を受けることでさらに企業から企業へと人脈が構築できる点が企業の利点となるのです。

これはネット副業をしている側がどこの企業で働いているかを公表することでなお、企業側からしてみれば良い人材をネットでも副業と言う形で他社にレンタルをしているため企業側も優秀である人材を第3者に貸し付けて自社をアピールすることが出来るのです。

もちろん、企業の看板を背負って副業をするわけですからマイナスとなるイメージも副業により背負ってしまうので、プラスの側面ばかりではないのが欠点になりますが、企業からしてみれば副業を認めることで人材が他者に映らないことも魅力になるため、多少の問題は目をつぶっているということです。

次に副業をする社員側から見た利点は、一つはお給料以外の収入を得ることによる生活の安定があります。
これは、業績が悪化してしまいお給料が下がってしまってモチベーションを維持できないという問題の解決策として副業を認めたほうが社員側から見てもプラスとなっていることを指します。

また、社員は自分の能力をフルに生かして仕事に臨んだ場合、スキルアップを望むこともネット副業では可能で、仕事をさらに得るために新しい特技や技能を身につけることに積極性を持てるのです。
この積極性は会社にもプラスになり、特技や技能が増えることで会社にとって必要な人材をさらに確保する手間を省けるのです。

複数の技能や特技を持っている社員は他の社員と異なり、企業から見て手放したくない人材となり、首になりにくい候補にもなり得ます。
つまり、能力が高まれば高まるほど会社は手放したくないが故にさらに色々なことに挑戦させてもらえる上で首となる候補から外れることを指します。

以上がネット副業を支援することで企業が得られるメリットと企業で働く写真のメリットになりますが、双方ともに得をするために現在では多くの企業がネット副業にて新しい技能を持つことに賛同をしています。