これからインターネットを利用してネットビジネスを始めようと思っている人で、ネットショップなどの運営を考えているのでしたら特定商取引法に基づく表記を忘れないように気を付けて下さい。

お客さんとしてネットショップを利用した事がある人の多くが目にした事があるであろう特定商取引法に基づく表記は、ネットショップを運営するうえで義務となっています。

今現在では表記しない事での直接的な罰則はありませんが、義務である以上表記しないというのはお客さんの信用問題にも関わってきます。

その為、ネットショップを作り始める際には一番最初に着手する事をおすすめします。

特定商取引法に基づく表記と言われても何を表記したら良いのか分からないという人が大半だと思いますが、特定商取引法に基づく表記は他のネットショップの表記を参考にして問題はありません。

著作権のようなものはありませんので、内容や表現が似てしまっても気にするような事はありません。
表記内容に偽りが無ければ問題はありませんので、一度自分が運営しようと思っているネットショップに似ているサイトの特定商取引法に基づく表記を見てみてはどうでしょうか?

後々の為に特定商取引法に基づく表記のページをしっかりと作りたいと思うようでしたら、消費者庁のホームページを見てみる事をおすすめします。

特定商取引法に基づく表記について詳しく書かれていますので、それを参考に特定商取引法に基づく表記のページを作る事で後々何らかの問題になるような事は避けられます。
言い回しなどが難しい事もありますが、ガイドページも用意されてありますので特別に法律に関して詳しくなくても理解出来るようになっています。

また、特定商取引法に基づく表記のページを作る為のテンプレートを用意しているフリー素材サイトも多いです。
企業などが無料でテンプレートを配布している場合も多く、そういったものをダウンロードして使うのもおすすめです。

空欄の個所を埋めるだけで簡単に特定商取引法に基づく表記のページが作れるようになっていますので、本格的に作る前に急場しのぎでそういったテンプレートを使うのも良いのではないでしょうか?

テンプレートの利用自体は無料という場合がほとんどですので、余計なお金を掛けるような事もありません。
そういったテンプレートはブログサービスやレンタルサーバ、レンタルカートなどに用意されている事もありますので、そういったところのチェックも忘れないようにして下さい。